学校教員の存在と仕事

学校教員の種類の役割

トップ / 学校教員の種類の役割

学校の修学旅行情報

学校で働いている職員の職種

学校で働いている職員の職種として、教師の立場として教える先生に該当する教諭の職種と事務などの職種に該当する事務の先生とに分けられます。教諭の仕事は、主に生徒に対しての担任の先生として、生徒の身になって勉強や社会性を教えています。事務の職員は、直接的には生徒の指導には関わらない仕事であることが多いですが、生徒と触れ合うという精神を持ちながら、事務の仕事に携わっています。事務の仕事は、主に外来者の対応や電話対応をしたり、校内の安全のための設備の仕事や様々な学校内に関する庶務の仕事を行っているのです。

未来の職員のあるべき姿

今の学校職員は社会から信頼低下をよぎなくされています。それ政府の教育政策やマスコミからの影響が大きいからです。信頼を回復させるには教育政策などは、ただ規則通りに教育を実行させても回復できないはずです。職員は日々悩んでいると思います。規則通り教育を実行していけばいくほど、子供と両親から遠ざかっていっていることに気づいていくからです。子供達は1人ひとり個性的な存在である為、同じようには進めません。今学校で必要な教育は人格的交流の中で的確な判断と高度な専門知識に基づいて行動することです。ルールや命令、数値ばかり気にしていたのでは前に進めません。