学校清掃は生徒の自立

学校の状態で生徒も変わる

トップ / 学校の状態で生徒も変わる

学校の修学旅行情報

掃除を通して健全な学校へ

学生生活では掃除の時間も大切な時間です。荒れていると言われている学校ではしばしば校内もそれに比例して汚いと言われています。汚いということはつまりはお互いが気持よく過ごせるようにしようという気遣いが出来ないということです。汚れた中にいると気持ちも塞ぎ、またものを大切にしなくてはならないという気持ちも持てません。そこで学校を再生する手段としてまずは校内をきれいにする、徹底的に掃除をするというところから始める事がよくあります。環境がきれいになることで、イライラをなくし、気持ちよく生活できるようになると自然に校内の雰囲気も良くなってきたという実例がたくさん報告せれているからです。

掃除も勉強の一貫です

学校は勉学に励み、また集団生活を通じて社会性を学ぶところです。教室などの清掃は昼休みの前に行うこともあるようですが、多くの場合授業の終わったあとに時間が取られているようです。掃除の時間は多くの子供にとってはゆうつな時間ですが、教室やトイレの清掃も社会性を学ぶ上での重要な役割を果たしています。このように、一般的には掃除の時間が設けられていて、学童が清掃活動を営みます。しかし、最近では清掃専門の業者に任せている学校もあるようです。そのほうが確かに効率的ではありますが、子供の自立心を育むためには子供自身の清掃活動は必要でしょう。